【閉店】パクチーに恋したらここへ 渋谷 シリ・パイリン

タイ料理は、パクチーたっぷりの独特の香りで包まれた料理。

パクチー好きの人間にとってはたまらない、ある意味、夢のような時間を叶える場所が渋谷に。

シリ パイリン。
飲食店が数多く入るビルの3階。エレベーターを出ると、タイの装飾品が飾られており、雰囲気がもはやタイそのもの。店内をさらに進むと、「微笑みの国 タイ」、まさにそれを具現化したかのように、タイ人女性が笑顔で「サワディーカ(タイ語でこんにちわの意味。)」と挨拶して迎えてくれる。ちなみに「サワディーカ」は女性が挨拶する際の言葉で、男性がこんにちわと挨拶をする時は「サワディーカップ」となる。
店内のメニューは豊富。トムヤムクン、ガパオ、グリーンカレー、ヤムウンセン、プライタイ、生春巻きなど。
中でも、ここのオススメは、エビトースト(4枚で900円)。

柔らかで厚みのある生地の中に、大きなエビが入っている。エビの甘みが噛むほどに口の中に広がる。甘いタレをかけて、エビの甘さが混ざり合う。エビトーストなら都内随一のボリュームと旨さ。
ヤムウンセン(980円)は、シーフードとパクチー、セロリのサラダ。タイ料理独特の酸味があるサラダは、タイ料理の始まりには欠かせない。

生春巻きは、パクチー(2本で750円、2本で1.5人分ほど)が他の生野菜と絶妙にマッチング。大きめに巻かれているので、食べがいがある。

プライタイ(930円)は、スパイスに和えられた豚肉にタイハーブをのせた一品。辛めの味付けがやみつきになることは間違いない。

パッド ウンセン サイ クン(1,000円)は大正海老と春雨を味噌ベースで炒めた一品。味付けは決して刺激が強いわけではないので、辛味や独特の酸味が苦手な人でも食せる。
シリパイリン:東京都渋谷区宇田川町32-6 長崎ビル3F 渋谷駅徒歩5分 ランチ11:00~15:30 ディナー17:30~23:30 定休日なし
店内は比較的混雑なく、予約も金曜日、休日以外は行わなくても スムーズに入れる。
【リンク】

関連記事一覧