メロンのカフェ

旬の果物で贅沢なひと時を 自由が丘 THE Tokyo Fruits(トウキョウフルーツ)

目黒区と世田谷区の境目に位置する自由が丘。東急東横線と東急大井町線が走るこの街は、おしゃれなイメージのある東急電鉄の中でも中目黒や学芸大学と同様、住みたい街として人気があり、セレブが行き交う。渋谷に直通ということもあり、流行に敏感な人が住んでいる。

セレブが集まるこの街の特徴は、スイーツを食べられる店が多いことである。マカロンで有名なダロワイヨの本店若い世代に人気で、スイーツショップが集まるスイーツフォレストがある。その他にも食べログで高ポイントを獲得し続けているパティスリー・パリセヴェイユ、モンサンクレール、ロールケーキ専門店である自由が丘ロール屋など、日本を代表するスイーツの拠点となっている。

旬なフルーツを自由が丘で楽しみたい

そんなスイーツ大集合の街、自由が丘でフルーツを存分に楽しむには、東京フルーツという店がおすすめ。この店では季節に応じて、旬な果物をパフェとして楽しむことができる。フルーツパフェといえば、都内には千疋屋のフルーツパーラーが有名であり、毎日店の外には長蛇の列を作っている。東京フルーツは、そのいわば王者とも言うべき千疋屋にも負けず劣らずのフルーツパーラーなのだ。

フルーツが前面に

いちごの置物

店内では、いたるところにフルーツパーラーを思わせるインテリア。

いちごパフェ、マスクメロンパフェ、さつまいものパフェ。そしてフルーツサンドなど、果物そして野菜を存分に活用したメニューがずらりと並んでいる。

メニュー

コーヒー

パフェを注文するまでの間は先に提供されるコーヒーで時間を過ごす。

待ちに待った主人公の登場

マンゴーカフェ

見よ、このマンゴーカフェ。マンゴーの果肉がグラスから溢れそう。少しでも触ったら崩れそうなマンゴー。余談を許さない状況なのだ。素早くフォークでぐさっと刺して、口に運ぶと溢れる果汁、みずみずしい、いやひょっとしたら水なのではないかと思われるほどのジューシーさ。たまらなくほっぺたが落ちそうになるくらいの上品な甘さが口いっぱいに広がる。

メロンのカフェ

続いて、エントリーしてきたのはメロンのパフェ。やはり、このメロンも例に漏れずグラスから縦横無尽に果肉という顔を覗かせている。このフルーツの「我が我が感」は好ましい。一つ一つカットされたメロンが自己主張をしているので、すばやく口の中に放り込み、封じ込めたくなる。そして、この画はどう考えてもインスタ映えだ。映えないわけがない。

店名THE Tokyo Fruits(トウキョウフルーツ)
住所東京都世田谷区奥沢5-37-9
アクセス東急東横線、東急大井町線「自由が丘」、東急目黒線「奥沢」駅徒歩6分
営業時間11:00~19:00
定休日火曜、水曜

関連記事一覧