夏といえばスイカ!! 山形県 尾花沢市:大山農芸

スイカ好きな人いらっしゃい。
スイカって、皮は黒に限りなく近い緑のくせにいざ割ると中は真っ赤。そして野菜のくせに、甘くて冷たくてうまいよな。なんでこんな甘い食べ物が果物ではないんだろうか、どう考えてもこれは果物であって欲しいと思ってしまう今日この頃である。

スイカには必ず種はつきものである。そして口の中に残ったタネをブーとか飛ばしちゃって、花火とか観ながら食べるスイカが出てくる田舎の原風景は、昭和から続く美しい日本の風景だったりするんだ。日本の美しい文化の一つなのである。
あ、突然だけど、尾花沢って知ってる?
え? ・・・そうそう多分その尾花沢。
尾花沢って言ったら、まず山形県民が思いつくのがスイカなんだよな。スイカ。昔から甘いスイカがよく収穫できることで有名なところなのである。そして、世界中でバズっている大正レトロの風景で有名な銀山温泉があるのも尾花沢市である。尾花沢市は人口2万人にも満たない小さな市であるが六本木に進出してる!!
尾花沢市が六本木に進出しているとはどういう意味かって、それは・・・
その通り。「六本木農園」っていう旬の野菜とか果物を都会のピープルにサーブするレストランがあってだな、そこに夏の間尾花沢市産のスイカが出荷されているわけだよ。
ただ、今回はスイカを食べにその六本木農園に行ったわけではなくて、かつ尾花沢市にわざわざ買いに行ったわけでもなくて。
電話で注文して、大山農芸のスイカを注文して食したんだよ。定価は4000円台。

さて、繰り返しになるが、尾花沢は何と言っても有名なのが銀山温泉とスイカ!
と言っても尾花沢で生まれるスイカはたくさん品種がある。ありすぎる!
標準的に緑に黒いギザギザの黒いラインが入ったものもあれば、真っ黒いブラックジャックっていう品種もある。中は真っ黒い楕円形の形をした種が入っているものもあれば、種無しのブラックジャックっていう種無しのものもある。ん?ブラックジャック?
はい、そうなのです、ブラックジャック食べました。
甘い。
本当に甘い。
スイカの甘みってほんとに裏切らないんだな。赤いところが無くなるまでひたすら食べてみよう、どこまで甘いんだかわかんないくらい甘いんだから。
甘い。まだ夏は終わりそうにもないから、頼むなら今だ!!!!

大山農芸:http://www.oyamanogei.jp/product/24ここから注文してくれよな!来週も見てくれよな!

関連記事一覧