東北でパン特集したら必ず取材されるKOUBっていう山形のパン屋

ローカルな街におしゃれなお店があったら嬉しいですよね。東京だけじゃないんだ、こんな小さな街にもあるんだ。東京は便利だし、歩いている人はかっこいいしかわいいし、何かにつけて「最新」だし。つい地元と東京を比べてしまっては地元は劣ってるって考えがちで、実際不便だし様々なものがボロかったりするけれど、その中でもわずかでもいいから「すげーだろ」って自慢できるものがあれば良いと思うんです。それが地元の生きる希望の存在のような気がします。

「ついに山形にも」って思えた

「KOUBって言うしゃれたパン屋があってね」って聞いてすぐに車で向かいました。山形の中心である山形駅から離れた割と新しい住宅街に、三角形の尖った建物が目印です。

白い壁と黄土色のドアは、まるで食パンの配色の様。

店内も白を基調していて、清潔な印象。天井の窓から自然光が差し込み、店内に明るさをもたらしてくれています。食パンが棚にはずらりと並べられていて、食パン人気が伺えます。ちなみ食パンは1種類だけではなく、風味などを調節しており、約10種類が常時提供されています。また、季節によって提供される食パンは異なる様です。食パンは1つ300円ほどで販売。

食パンは予約しておけば取り置きが可能みたいです。食パンなのに焼き加減が異なるので、色も白に近い黄土色から茶色まで様々ですね。

 

食パン以外にも季節の食材や果物を使った様々なテイストのパンが販売されています。食材などは山形県産を使っています。地元の食材をおいしくしてくれるなんて嬉しいですね。秋なら栗、冬ならリンゴやイチゴ。

このパン屋さんのコンセプトは「BREAD IS LIFE!」で、タワレコの「NO MUSIC NO LIFE」みたいですね。まさにパンが好きなパン屋さんのコンセプトにぴったりです。

トートバックにまでコンセプトが。ここにパンとコーヒーを連れて、大きめの公園でピクニックをしたいと思います。エコバックがわりにもなるかもしれません。

KOUBってお店は山形市の成沢って土地にあるんです。成沢ってのは、ラスクで有名なシベールの工場があることで知られています。この街にまたパン屋ができて、ここにカフェを始めとして多くの飲食店ができるといいなと思います。

定休日は水曜日です。パン屋にしては遅めの開店時間。

住所山形市成沢西2-8-11
時間[月・水~金] 10:00~19:00 [土・日・祝] 9:00~19:00 日曜営業
アクセス蔵王駅より1,103m

関連記事一覧